久里洋二のほらふきオトギ童話

アクセスカウンタ

zoom RSS (C)一粒の種(10)

<<   作成日時 : 2007/06/29 11:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

                   又、一週間たつと、花は8メ−トルにもなって

                   いました。10日目には15メ−トル。

                   一ヶ月たつと、なんと高さが30メ−トルにも

                   なってしまいました。

                   「まあぁぁ、高くなちゃったわ」

                   キキちゃん、ミミちゃん、モモちゃんたちは

                   驚いてしまいました。

                   町の町長さんも顔を出して、

                   「こんな珍しい花は見たことがない」

                   さっそく、町の観光に役たつと思って、PRを

                   考えでいました。

                   「まず、テレビ局に電話をして、放映してもらう事、

                   新聞社にも電話をして、取り扱ってくれるよう

                   頼みのましょう」

                   キキちゃんの町は小さな町で、なんの取りえも

                   ない町で、観光資源もないのです。

                   商店街も寂れて、シャッタ−を下ろして

                   休業している店が多いのです。 

                   「この花で、わが町も観光客で、盛り上がる

                   かもしれんぞ」

                   町長さんも嬉しそうでした。

                   商店街の人たちも、

                   「これで、町も活気が出てくる」

                   と大喜びでした。 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
(C)一粒の種(10) 久里洋二のほらふきオトギ童話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる