久里洋二のほらふきオトギ童話

アクセスカウンタ

zoom RSS 《C》一粒の種(20)

<<   作成日時 : 2007/07/18 21:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

                    テレビや新聞で大きな花のことを「悪臭の花」と呼び、

                    大変な大騒ぎになってしまいました。

                    悪臭はこの町だけではなくて、隣の大きな市

                    の中まで悪臭が流れてしまったのです。

                    総理大臣が、

                    《美しい日本)

                    とPRしていましたが、

                    「何で、美しい日本なんだい」

                    大きな花の名前を命名した草森博士も、

                    「わしは知らん、頼まれて名前を貸しただけだ」

                    と逃げていました。

                    問題になったのは、この花の種を蒔いたキキちゃん

                    ミミちゃん、そしてモモちゃんたちです。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
《C》一粒の種(20) 久里洋二のほらふきオトギ童話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる