久里洋二のほらふきオトギ童話

アクセスカウンタ

zoom RSS (C)一粒の種(17)

<<   作成日時 : 2007/07/15 14:17   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

               新聞や海外ニユ−スでも、大きな花が報道されて

               海外から著名な生物学者がこの町に来ました。

               そして大きな花のサミットまで開かれたのです。

               草森教授の解説で、この花を

               クサモリ・キ・ミ・モ草と承認されたのです。

               ますます、この花を見学する人が増えて、

               県の知事、そして国の総理大臣までが賞賛

               して喜びあいました。

               この原っぱの持ち主まで、この荒地を町で高く

               買ってもらい、地主は大喜びです。

               大きな花は、枯れることなく一ヶ月も元気に

               咲いています。

               花から出る香りは町の人に快い気分にさせて

               くれました。

               町の人も観光客も、みんな元気になって、

               「がんばるぞ!!」

               と掛け声が聞こえてきました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい
(C)一粒の種(17) 久里洋二のほらふきオトギ童話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる