久里洋二のほらふきオトギ童話

アクセスカウンタ

zoom RSS 《C》一粒の種(26)

<<   作成日時 : 2007/08/05 13:50   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

                放射能研究班の調査の結果、大きな花の根元の周りは

                放射能の検出が高く、特に花弁の辺りは致死量の放射能

                が検出されたから大変です。

                新聞やテレビで報道されると、町民は大騒ぎになってし

                まいました。

                「どうしてくれるんだ!!」

                と騒いでも、この大きな花の処理については手も足も

                出せません。

                この花の茎は鉄よりも強く、歯が立てません。

                しかし、放射能は町全体の問題ではなく、

                近辺の市や村にも 影響があります。

                国会で、原子力委員会が集まって、

                「何故、この花が放射能Iに?」

                「だれが、この花を植えたのか、それが問題だ」

                「それが、小さい女の子が植えたそうで」

                「その子を呼べ!」

                委員長は口をへの字にして怒鳴りました。

                「まだ、幼稚者なのですが・・・」

                「幼稚な子が大切か周りの住民が大切か

                どっちだ!!」

                

                

                

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた 驚いた
面白い
《C》一粒の種(26) 久里洋二のほらふきオトギ童話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる