(C)ほらふきオトギ話(1)

画像
                                              

                           (C)赤い椅子(4)

                    赤い椅子で、いじめっ子や、いじめられっ子も

                   明るい元気な子になって、親たちもビックリして

                   いました。

                   赤い椅子は、ひょうばんになって学校の先生

                   の耳にはいり、ぜひ、学校に赤い椅子を

                   おかしてくださいとおじさんにたのみのした。

                   「ああ、いいよ」
            
                   とこころよくおじさんは、学校の入り口において

                   かえりました。

                   次の朝、学校へくるせいとたちが、めずらしがって

                   赤い椅子にすわってから教室にはいりました。

                   なぜか、みんな明るい顔をして、げんきが

                   いいのです。

                    「ふしぎな椅子だなあ」

                   校長先生もビックリです。

                   おじさんが学校に来て、みんなの明るい子

                   になったのを見て、

                   「よかつたねよかった」

                   よろこびました。

                   「あっ、そうそう、せんせいたちもすわって

                    くださいよ」

                   「そうだ」

                   せんせいたちもすわって、あかるいせんせい

                   なっていました。

                   赤い椅子のひょうばんをよその学校でも聞いて

                   赤い椅子は、今、ぜんこくの学校をじゅんかいして

                   いるのです。

                            おわり


                        次回は山のクジラちゃんです。